2019-01

エキス剤

炙甘草湯(しゃかんぞうとう)

処方する患者さんのイメージ 弱々しい人の動悸息切れ 似たようなイメージの患者さんに使う処方に桂枝加竜骨牡蠣湯や、柴胡桂枝乾姜湯があります。生薬の構成からはどちらも炙甘草湯よりは精神、神経症的な要素が強い人に使う感じです。炙甘草...
エキス剤

治頭瘡一方(ぢずそういっぽう)

処方する患者さんのイメージ 子供の顔面や頭部の分泌物のある皮膚炎 ピンポイントな適応をもつ薬です。わかりやすいですね。 ツムラ・クラシエ・コタローの59番。 入っている生薬とその狙い 連翹(れんぎょう):炎症...
生薬

忍冬(にんどう)

何者か スイカズラ科スイカズラ Lonicera japonica Thunbergの葉と茎 使われ方 炎症をとる、解熱する。筋肉の緊張をとる。 使われている処方は多くありません。エキス剤では治頭瘡一方のみです。 ...
スポンサーリンク
生薬

紅花(こうか)

何者か キク科ベニバナ Carthamus tinctorius Linnéの管状花 使われ方 駆瘀血。瘀血をのぞく 成分 カータミンサフロールイエロー脂肪油リグナンフラボノイドステロール類 この生薬が...
生薬

遠志(おんじ)

何者か ヒメハギ科イトヒメハギ Polygala tenuifolia Willdenowの根または根皮 使われ方 精神安定。頭をすっきりさせる。去痰する。 使われている処方は帰脾湯と加味帰脾湯、人参養栄湯です。 ...
生薬

酸棗仁(さんそうにん)

何者か クロウメモドキ科サネブトナツメ Zizyphus jujuba Miller var. spinosa Hu ex H. F. Chouの種子 使われ方 精神安定作用。動悸、不安、不眠を治す強壮止汗作用。 ...
生薬

竜眼肉(りゅうがんにく)

何者か ムクロジ科リュウガンEuphoria longana Lamarckの仮種皮。果物の竜眼のまさに白くて甘い食べる部分です。 使われ方 精神安定、気血を補う。 使われている処方は帰脾湯と加味帰脾湯のみです。遠...
お役立ち情報

元気を取り戻す!働き過ぎた男性のための漢方薬3種

疲れた男性のための漢方薬 男性の皆さん、最近お疲れではないですか? 何となく疲れていて活気がない、やる気が出ない、体が冷えて調子がわるい、腰や膝などの関節が痛かったりだるかったり、足がむくんで痛い。のぼせ、耳鳴り、めまい、眠れ...
エキス剤

茯苓飲(ぶくりょういん)

処方する患者さんのイメージ 胃もたれ、胃にぽちゃぽちゃ水がたまって胃の調子の悪い人に使う。食欲はあっても食べるとすぐ満腹になって食べられなくなるような胃の調子の悪さの人。食後のもたれ感。 胃の平滑筋の緊張が強く、幽門も過緊張で...
エキス剤

芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)

処方する患者さんのイメージ こむら返りのひと腹痛、月経痛のひとしゃっくり 筋肉の緊張をとる処方です。 ツムラ・クラシエ・コタローの68番。 入っている生薬とその狙い 芍薬(しゃくやく):四肢と腹部の緊張をとる...
スポンサーリンク